お悩み投稿一覧

歯磨剤の違いについて、患者さんから質問をうけました

投稿日:

歯科衛生士お悩み相談TOPimage

歯周病予防用の歯磨剤のほうが、普通の歯磨剤よりも良いのでしょうか?

患者さんから
「歯磨剤は、知覚過敏や歯周病予防のものを使用したほうが、普通の歯磨剤よりも良いのか?」
と質問されました。
どのような回答をしたらよろしいでしょうか?

また、その歯磨剤を使用した際のメリットやデメリットも教えてください。

シカカラ担当者
フリーランス歯科衛生士の我妻美夕紀さんにご回答いただきました!

虫歯予防か歯周病予防かによっても異なります。目的によって使い分けましょう。

知覚過敏の症状が出ているのであれば、硝酸カリウム入りの歯磨剤が効果的です。
硝酸カリウムは痛みを感じるのをブロックする働きがあります。

さらに乳酸アルミニウム入りのものであれば、象牙細管に蓋をするような働きがあります。

歯周病予防については、プラークの除去が一番大切なので、歯磨剤に頼ることはオススメできません。

歯周病予防を謳った歯磨剤には、
・塩化セチルピリジニウム(CPC)等の殺菌成分
・抗炎症作用のある成分
などが入っていたりするのですが、殺菌成分は洗口液でも取り入れることができます。

炎症の改善は、とにかくプラーク除去です。

歯磨剤では、虫歯予防のためにフッ素入りのものを使用していただき、しっかりとプラークを除去すること。
その上で、殺菌効果のある洗口液を使用することは、歯周病予防に効果的だと思います。

知覚過敏や歯周病に効果のある歯磨剤を使用するデメリットを挙げるとすると、フッ素が入っていない場合は、カリエスリスクがとても高くなることです。

知覚過敏にもフッ素は有効です。

市販されている知覚過敏向けの歯磨剤にもフッ素が配合してありますが、「フッ素が入っていないものを使用する場合はカリエスリスクがあがる」ということを、知っておいてもらうと良いかと思います。

参考

歯磨剤の使用については、こちらの回答も参考にしていただけると良いかと思います。
患者さんから歯磨きについて質問されたのですが、どう説明するのがよいでしょうか

相談員プロフィール

我妻さん写真我妻美夕紀
日本歯周病学会認定歯科衛生士
著書「歯みがき革命!歯みがきよりも大切なこと」
フリーランス歯科衛生士として、歯科医院向けに予防の導入や、スタッフ教育を行う。

詳しくみる

\月給29万円~・18時まで・社保/

限定!非公開求人はこちら

あなたの希望にピッタリの求人が見つかる

-お悩み投稿一覧
-

Copyright© 歯科衛生士の就職お役立ち情報(シカカラDH求人) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.