お悩み投稿一覧

リコールにまわる患者さんにお伝えすることで大切なことを教えてください

投稿日:2019年7月25日 更新日:

歯科衛生士お悩み相談TOPimage

 

Q.SRP後リコールにまわる患者さんにお伝えすることで大切なことを教えてください

SRPが終わって、次回からリコールにまわる患者さんには、どのようなことをお伝えするのが大切ですか?

シカカラ担当者
フリーランス歯科衛生士の我妻美夕紀さんにご回答いただきました!

A.定期的なメインテナンスで、どれだけいいことがあるのかをお伝えしましょう

まずは、SRP前後のP検査の結果などを用いて、こんなに良くなった!ということを、ちゃんと患者さんに認識してもらうことが大切です。

そして、SRPが終わって、歯肉が改善したのであれば、それを維持するための、セルフケアと定期的なメインテナンスの重要性を、患者さんにしっかりと理解してもらうこと。

TBIでも重要なことですが、患者さんに危機感を感じさせる言葉を使うことで、危機感のない方には効果があります。
セルフケアを怠ったり、メインテナンスを受けなければ、こんなにひどいことになりますよ!というような言葉です。

ただし、脅しの効果は一瞬だけです。

継続してもらうためには、「これをすると、こんなにいいことがある!」という、ポジティブな言葉が大切です。

なので、セルフケアやメインテナンスを行っていると、どれだけいいことがあるのかを、しっかりと伝えてあげてください。

また、患者さんが気を緩めすぎないように、時には危機感を高める言葉を入れつつ、リコールに来てくれてることが素晴らしい!と毎回褒めてあげてください。
それが患者さんのモチベーションに繋がります。

相談員プロフィール

我妻さん写真我妻美夕紀
日本歯周病学会認定歯科衛生士 著書「歯みがき革命!歯みがきよりも大切なこと」

フリーランス歯科衛生士として、歯科医院向けに予防の導入や、スタッフ教育を行う。

詳しくみる

\月給29万円~・18時まで・社保/

限定!非公開求人はこちら

あなたの希望にピッタリの求人が見つかる

-お悩み投稿一覧
-,

Copyright© 歯科衛生士の就職お役立ち情報(シカカラDH求人) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.