退職/辞めたい

歯科衛生士を辞めたい!経験を活かせる別の仕事は?みんなの退職後を調べてみた

投稿日:2017年6月6日 更新日:

歯科衛生士を辞めたいと考えている女性画像

歯科衛生士の仕事を辞めたいと思うことがあるんだけど、どんな道があるのかな?
「歯科衛生士の資格は持っているけど別の仕事をしている」という方もたくさんいますよ。

歯科衛生士として働くことを辞めた場合、

 
  1. 別の仕事に転職する
  2. 退職・休職する

の大きく分けて2つのパターンがあります。

実際に歯科衛生士を辞めた方がどのような道を歩んでいるのか、統計データとあわせてご紹介します。

まだ悩んでいる人はシカカラへ♪
『無料』LINEでお悩み相談>>

歯科医院を辞めた後の転職先は?

2018年に厚生労働省が発表した「衛生行政報告例(就業医療関係者)の概況」によると、働いている歯科衛生士の9割が、歯科診療所(歯科医院)に勤めています。

歯科医院以外で働いている歯科衛生士は、残りの1割です。
働いている歯科衛生士は10万人以上いますので、1万人以上が「歯科医院以外の仕事」をしているということになります。

勤務先別 歯科衛生士就業者数グラフ2018年最新

歯科医院以外だと、病院、市町村、歯科衛生士学校、保健所、企業、介護施設などで働いているようです。

歯科診療以外の業務がメインになる職場は、歯科衛生士学校や企業だと思われます。

また、9,000人を超える歯科衛生士のキャリア相談に乗ってきたシカカラDH求人の過去情報をまとめると、

  • 一般企業で、事務や営業として働きたい
  • 自分の興味のある、飲食店(昼もしくは夜)やネイルサロン、エステ、アパレルなどで働きたい
  • 介護施設で、介護職(ヘルパーなど)として働きたい
  • 学校に通いなおして、歯科医師や看護師の資格をとって、そちらで働きたい

というように考える歯科衛生士もいました。

実際に別の仕事につけるものなの?どんな仕事が向いてるんだろう?
採用のされやすさや仕事内容について見ていきましょう!

歯科衛生士の資格を活かして企業で働く

一般企業のなかでも、歯科衛生士の資格を活かして、歯科関連の企業で働く方が多いようです。

一般企業の新卒採用では、4年制大学を卒業見込みの大学生が主な対象です。

中途採用の場合、歯科衛生士として働いた年数が長いと、一般企業で求められる「営業や事務業務などのスキル」が身についていないため、「新卒」と同じような扱いになる可能性があります。

一般企業の新卒は、給与が歯科衛生士に比べると低いケースが多いです。
つまり、20代後半になってから転職した場合、新卒レベルの給与(20~22万程度)に下げ、若い新卒社員と一緒になって働くことになるかもしれないということです。

また、業界未経験の人材を中途採用してくれる企業がどれくらいあるかもわかりません。

そのため、歯科衛生士という資格を活かせる、歯科関連企業が多く選ばれるという形になっていると考えられます。

歯科関連企業であれば、歯科衛生士資格保有者は、採用・待遇の面で優遇されるケースもあります。

有名なのは、「株式会社オーラルケア」という会社です。

予防歯科の普及を目指し、歯科医院向けに、デンタルフロスなどを販売している会社です。
歯科医院向けの営業活動や、セミナー講師などが業務内容になっています。

ちなみに、シカカラDH求人を運営している株式会社グローマスにも、歯科衛生士として歯科医院で働いていた経験のある社員が在籍しています。

歯科関連企業での職種は?

企業側の求める職種は、やはり営業職が多いようです。
営業職は、成果=売上金額、となるので、どこの会社も優秀な営業職を求めています。

営業って「営業目標」とか「ノルマ」がつきもので難しくないの?
売れないと怒られる、深夜・土日まで働かないといけない、極度のプレッシャー、という印象が強いかもしれませんね。

実際は、上司や先輩が相談にのり、目標達成できるよう指導してくれる、というケースの方がほとんどなので、やる気や興味があれば問題ないと思いますよ!

企業のニーズに反して、歯科衛生士が企業へ転職する際に希望する職種には、「事務職」が多い印象にあります。

ただ、最近の流れでは、事務職は正社員で雇わず、契約社員や派遣社員に任せることが一般的になりつつあり、歯科衛生士に限らず正社員で事務職を希望する人はたくさんいるので、競争率も高いです。

シカカラDH求人で働く歯科衛生士の方は、歯科衛生士としての知識や経験を活かし、ウェブ制作やキャリアアドバイザーに従事しています。

「事務職」と一言で言っても幅広く、仕事内容によっては重宝されたり、活躍できますよ!

接客業など他業界で働く

飲食店やネイル・エステなどの美容業界、アパレル関係には憧れる女性も多いです。

しかし、年齢が高くなってから働けるかというとそうではなく「若いうちに経験してみたい」と考える人が多いのも事実です。

歯科衛生士の資格をとって、数年働いてみたあとに、
「若いうちしかできないし」
「1年くらい歯科衛生士以外で働いても、また戻れるし」
と考えて、興味のある業界に転職する歯科衛生士もいます。

接客や美容業界は、歯科衛生士として復帰したとしても、経験を活かすことができる点がいいですね。
歯科衛生士として患者さんと関わってきたスキルを活かすこともできるしね!

退職・休職して働かないケース

「とりあえず数か月・数年は働かない」というケースも含めて、歯科衛生士を辞めてから働いていない方もたくさんいます。

日本歯科衛生士会が行った調査をまとめた「歯科衛生士の勤務実態 報告書」によると、全回答者8,780人中、1,195人(約13.6%)は、いま現在働いていないとの回答でした。
(注) 本調査は、日本歯科衛生士会の会員向けに行われたアンケートです。歯科衛生士全体の平均的な考えとは、若干異なる可能性があります。

現在働いていない理由は、出産・育児(20.8%)、退職・高齢(13.8%)、歯科以外への興味(11.1%)の順で続いています。

現在、歯科衛生士として就業していない理由は何ですか

その中で、歯科衛生士として再就職するつもりはない、と考える割合が、以下のグラフです。

歯科衛生士として再就職したいと考えていますか

※「再就職したい」は、「すぐにでも再就職したい」「条件が合えば再就職したい」を合算した数値です。

25~39歳くらい年齢ですと、歯科衛生士として働いていない理由のうち、出産・育児が多いと考えられるので、いずれ再就職したいと考える歯科衛生士は多いのかもしれません。

20~24歳は、再就職するつもりがないのが13.2%と、40~44歳の7.6%よりも高くなっています。
これは、早期の結婚によって専業主婦になるケースや、少し働いてみて「どうしても歯科衛生士に向いていない」と考える人がいる、などの理由が考えられます。

45歳以上で、再就職するつもりがない歯科衛生士が急増しているのは、やはり高齢・引退や、自分の健康、介護などによって、働けなくなる、というケースがあるからだと推測されます。

歯科衛生士のやりがいや魅力は?

現在の仕事にやりがいを感じていますか

歯科衛生士として働いている中で、やりがいを感じているかどうか、という調査では、9割近い歯科衛生士が「非常に感じている」「ある程度感じている」と回答しています。

歯科衛生士の仕事の魅力は何ですか

やりがいを感じる部分、つまり、歯科衛生士としての仕事の魅力は、やはり「国家資格で一生続けられる」ということがトップで、66.9%の歯科衛生士が感じているようです。

上位には社会貢献性の高さが並びますが、
・就職・転職に困らない
・女性として働きやすい
・収入の安定
など、自分にとってもよい職業だと感じている歯科衛生士もたくさんいます。

歯科衛生士を辞めたい理由は、やりがいや魅力が原因ではないのかもしれません。

単に別の仕事に興味がわく場合もあるしね。
技術に自信がないから向いていないのかも、と思う方もいるでしょう。
ちゃんと学べる職場なら、また考えも変わるのかもね。
歯科衛生士を辞める、と決断する前に、「どうして辞めたいのか」「辞めて何をしたいのか」をしっかり考えてみると、転職活動もうまく進みますよ。

おすすめ記事

シカカラDH求人では、勤務時間や待遇などの情報はもちろん、通常の求人票には載らないような職場の雰囲気や院長の人柄、スタッフの人間関係などまで歯科衛生士専門のキャリアアドバイザーがお伝えしています。

キャリアアドバイザーに相談する>>

\月給29万円~・18時まで・社保/

限定!非公開求人はこちら

あなたの希望にピッタリの求人が見つかる(無料)

-退職/辞めたい
-

Copyright© (シカカラDH+プラス)歯科衛生士の毎日がもっと楽しくなるメディア , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.